« 粟屋仙吉 | トップページ | ホッピー »

粟屋仙吉Ⅱ

仙吉さんの略歴はネットで見て頂ければ分かりますので省略しますが、広島市長の時義父は現広島大学の学生でした。
学徒動員で徳山市へ行った時に原爆が投下され、義父は叔父仙吉さんの安否を確かめるべく、すぐに広島市内へ入りましたので被爆してしまいました。でも幸いなことに大病も無く今も横浜で元気に暮らしています。

先日の広島旅行に行く前に、粟屋仙吉さんのことをもう少し知っておけば違った感じ方をしたかも知れません。
11

|

« 粟屋仙吉 | トップページ | ホッピー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お元気でお過ごしですか?
8月2日にフジテレビのザ・ノンフィクションという番組で「康子のバラ」という粟屋康子さんの日記をもとにした番組があったようですね。ご覧になりましたか?我が家は残念ながら拝見できませんでしたので、再放送に期待しているところです。ご存知かもしれませんが、番組の原作、「康子十九歳 戦禍の日記」という本も出版されております。もしまだでしたら、まだ7月に出版されたばかりですが、アマゾン等でレビュー等ももうご覧になれます。オススメ!!

投稿: 埼玉ファミリー会員 | 2009年8月13日 (木) 11時50分

ノムラン会編集長様、はじめまして。私はブログを始めてまだ一年にならない初心者で、日々感じたことをぶらりぶらぶら書いていたんですが、コメントを頂けてうれしいです。
埼玉のファミリー会員さんに紹介されて「ノムラン会」のブログも覗かせて頂きました。またちょこちょこ覗かせて頂きます。

義母の郷は山口市内ですし、木次家のお墓も山口にありますので何度か行ったことがあります。
湯田温泉にも入りました。ここ何年か行っていないので又機会があれば行きたいと思っています。
山口の美味しいものを食べたいです。

投稿: ぶらりぶらぶら | 2008年3月 8日 (土) 14時47分

ついに辿り着いてしまいました、このブログに。
はじめまして。ひょんなことから、ノムラン会の編集長をつとめており、埼玉ファミリー会員さんには大変お世話になっています。
ぶらりぶらぶらさんも、恐るべし木次御一族の一員なのですね。よろしく。
今度ぜひ、SLやまぐち号の旅においでください。山口県には美味しい食べ物と、これまた美味しい酒がありますよ。
魚はもちろんですが、「はなっこりー」「たまげなす」など、オリジナル野菜もあります。お酒はやはり「獺祭」が一押しです。忘れてはいけない長州ファイブの焼酎。
とりあえず、ごあいさつと思い、コメントさせてもらいました。
世田谷の「粟屋仙吉邸」の資料、私も興味あります!!

投稿: ノムラン会編集長 | 2008年3月 6日 (木) 23時08分

埼玉ファミリー会員様
長州ファイブのページに行き、映画のダイジェスを見ました。
面白そうですね~。私は歴史が苦手で、幕末とかさっぱりですが、興味深く感じています。
かみさんも見たいといっていました。
恐るべし木次一族ですね。私も身内になりましたので(25年も前ですが)ボチボチでも勉強させていただきます。

投稿: ぶらりぶらぶら | 2008年2月15日 (金) 18時39分

めっけちゃいました。私です。
「長州ファイブ」DVDもなかなかよかったですヨ。
公式HPもぜひご覧くださいませ。
http://www.chosyufive-movie.com/

叔父上様には資料の編集配布、大変感謝いたしております。
資料を何度も読まれていらっしゃるとのこと、井上ヨシ(芳)の戸籍の詳細に、小鯖村と出てきます。
これは「ノムラン会」で検証しているあの小鯖伝説を裏付けるものではないでしょうか?
「井上勝公」は小岩井農場や五稜郭タワー、汐留の旧新橋停車場資料館、色々なところでおめにかかれます。
東京駅開発工事が終わったら銅像も戻ってほしいものです。
ちょっと歴史ロマンを感じて面白いです。

世田谷の「粟屋仙吉邸」の資料も、以前叔父上にいただきましたが、最近国の記念物?に昇格されたようですね。
とても素敵な洋館建築です。銀座ですら古い建築物がなくなっている現在において、現存するなんて素晴らしい。

http://sakura.canvas.ne.jp/spr/bunkazai/tky-bunkazai-hp/tky-bunkazai/239sakamakejyutaku/kaisetu1.htm

投稿: 埼玉ファミリー会員 | 2008年2月14日 (木) 00時23分

埼玉ファミリー会員って、康雄君ですね。「あっ、めっかっちゃった」
お元気ですか?
私が先日広島へ旅行したのをきっかけに、「木次家系譜」を見ることができました。
康雄君の便りがきっかけで義父は系譜をまとめたとのこと。
何度も読み返しています。素晴らしい人です。
今度は井上勝氏のことも・・。

投稿: ぶらりぶらぶら | 2008年2月13日 (水) 19時43分

ご無沙汰しております。私がだれだかわかりますか?
偶然、こちらにたどり着き、どなたのブログかわかりました!!
伯父上に一族資料をいただいております。

最近、粟屋仙吉氏のことで、「ノムラン会」というところに、資料を紹介させていただきました。
ぜひ、「ノムラン会」と検索してみてください。
「ノムラン」も尊敬すべき我が親族ですネ!
餘部鉄橋ときたら、次はSL,ノムラン、でしょう!!

なかなかお会いできず、お手紙でも筆不精し、失礼いたしておりますが、お会いしたいものだといつも思っております。
奥方様によろしくお伝えください。

投稿: 埼玉ファミリー会員 | 2008年2月13日 (水) 02時19分

すごく不思議なものを感じます。
なんだか分かりませんが・・・

投稿: 土建や | 2008年2月11日 (月) 10時03分

すごい由緒あるおうちなんですね。
しかし原爆投下時の市長さんとは驚きです。
たしかにいろんな意味で広島の見方がかわったでしょうね。

投稿: 栄治 | 2008年2月 9日 (土) 16時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400987/10360596

この記事へのトラックバック一覧です: 粟屋仙吉Ⅱ:

« 粟屋仙吉 | トップページ | ホッピー »